ギターを買取に出す時の心得|保管するポイント

男性

自宅でのギターの保管方法を把握しておくべき理由とは

ギターを買った時から保管している間に買取価格に差がつくことがあります。ですので、ギターの保管方法を学んでおきましょう。まず、タバコを吸う方は喫煙場所でギターを弾かないことが鉄則です。そうすれば、タバコのヤニや臭いからガードできますよ。また、シールを貼ったり、ギターを改造したりすると査定額が下がってしまう可能性があるので、そのままの状態を保つことが重要です。そして、ほこりなどが付かないようにギターケースにきちんと閉まっておくのが得策です。ギターケースがない場合は、ビニールをかぶせておくといいでしょう。そうすることによって、査定額アップのチャンスがありますよ。

楽器

ギターを買取に出す前にしておきたいことをあなたに教授

洋服を買取に出す前にクリーニングをするように、ギターを買取に出す前にメンテナンスをしておくといいかもしれません。そうすれば、音を良い状態に保てます。また、ギターにほこりがついている場合は、なるべくほこりがついていない状態にしておくといいでしょう。そして、買取業者によっては、ギターを試し弾きすることがあるので、弦を張り直すなどしてすぐに弾けるようにしておくといいですよ。また、ノンブランドのギターであればすぐに値下がりしてしまう恐れがあるので、早めに買取に出すのがベストです。そして、1本だけでなくまとめて2、3本売ることによって、査定額をアップさせられるでしょう。

ギター

ギターを買取する時に一緒に持っていきたい付属品がある

ギターを購入すると必ずついてくるのが保証書となっています。保証書があればこのギターがどこのメーカーで何年ものというものがひと目で分かります。他にも、エレキギターにはアームというものがあり、これを揺らすことによってビブラートを表現することができます。これをつけて売ると高額査定を望めます。そして、ギターを弾くためのピックがついていれば、購入者がすぐに演奏できるということから高額査定になりやすいですよ。他にも、ライブをする時に使用するアンプをプラスするという手もあります。アンプはエレキギターやベースの音を綺麗に出すために欠かせないアイテムとなっているので重宝されますよ。そして、ギターの弦を調整するためのチューナーをつけておくといいでしょう。また、ギターを持って立ったまま使用する時はストラップがあると便利なので、持っているのなら同時に買取に出すといいでしょう。